激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

 

仁穆(インモク)王后は、娘の貞明公主の幸せを願いながら1632年に48歳で亡くなった。このときから、貞明公主を支援していたはずの16代王・仁祖(インジョ)の態度が変わってきた。それによって、彼女はかなり辛い立場に追い込まれていった。

A

呪い殺されるという恐怖

仁祖は、なぜ貞明公主への態度を急に変えたのか。
それは、仁穆王后の葬儀を終えたあとに、急な病に襲われたからだった。
激しい下痢と腹痛、そして、高熱に悩まされた仁祖。主治医が診断しても原因がわからないほど、病は深刻だった。
苦しみ抜いた仁祖は、疑心暗鬼になった。




「誰かが呪詛(じゅそ)をしているのだ。それに違いない」
そう思い始めた仁祖が、自分を呪い殺そうとしている相手として思い浮かべたのが貞明公主だった。
(ページ2に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)5「仁穆王后の主張」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)6「20歳での結婚」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る