激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)9「絢爛たる生活」

 

1636年12月、朝鮮王朝が強大な清に攻められたときだった。貞明公主は漢江(ハンガン)の河口の近くの江華島(カンファド)に避難しようとした。用意した船に財産をすべて載せて、貞明公主はまさに陸地を離れようとしたのだが……。

避難してきた民衆を救出

清が都の漢陽(ハニャン)を攻めたとき、多くの民衆が我先に逃げだした。まさに、都は大混乱に陥ったのである。
貞明公主が江華島に避難しようとしたときも、かなりの数の民衆が船着場にやってきた。誰もが恐怖におののき、一刻も早く安全な場所まで逃げたいと必死だった。
それを見た貞明公主はお付きの者に命令した。
「荷物を全部下ろして、できるだけ多くの民を船に乗せなさい!」
即座にそう言われても、お付きの者たちは躊躇(ちゅうちょ)した。船に積んでいたのは、あまりに高価なものばかりだったからだ。




しかし、貞明公主に迷いはなかった。
彼女は毅然とした意志を示して、船から荷物を下ろさせ、できるだけ多くの人たちを船に乗せた。
(ページ2に続く)

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)1「宣祖の娘」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)2「数々の悲劇」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)3「書の才能」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)7「悪化する立場」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)8「苦労の連続」

激しく生きた貞明公主(チョンミョンコンジュ)10「翻弄された人生」



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る