朝鮮王朝の自らの信念に生きた五大義人

次の2人

成三問(ソン・サムムン)
[1418~1456年]
4代王・世宗(セジョン)を支え、ハングルの創製にも関わった。世祖(セジョ)が甥の端宗(タンジョン)から王位を奪ったあと、1456年に端宗の復位を狙ったクーデターを計画した。失敗して捕らえられたとき、世祖に「余に仕えれば命を助ける」と懐柔されたが、拒否して王を罵倒した。その後、残虐な方法で処刑された。彼を含む6人の同志は忠誠心を讃えられて「死六臣」と呼ばれた。

郭再祐(クァク・チェウ)
[1552~1617年]
34歳で科挙に合格したが、答案に書いた言葉が王の怒りを買ってしまい、合格を取り消される。以後、官職に就くことをあきらめて故郷に戻る。




1592年、豊臣軍との戦いが始まると、彼は多くの資産家を説得して兵力を整え、ゲリラを率いて勝利を収めた。いつも真っ赤な軍服をまとっていたので「紅衣将軍」とも呼ばれた。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『不滅の恋人』のイ・ガンこと首陽大君(スヤンデグン)は誰なのか

癸酉靖難(ケユジョンナン)で巨大な権力を得た首陽大君(スヤンデグン)!

朝鮮王朝実録を読む2/「首陽大君の反乱」と「死六臣」

朝鮮王朝の有能な五大高官

朝鮮王朝の悲劇の五大世子

朝鮮王朝の悪評の五大国王




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る