正祖(チョンジョ)の改革をつぶした貞純(チョンスン)王后

カトリック教の大弾圧

なにしろ、正祖が何か遺言を残すかもしれません。それを聞いたのが貞純王后だけだと、どのように歪曲されるかわかりません。しかも、貞純王后は正祖にとっては天敵であったわけですから……。
そんな事情もあって、「正祖は貞純王后に毒殺された」という噂が流れました。信憑性はわかりませんが、貞純王后がかなり怪しい動きをしているのは確かで、今でも正祖が毒殺されたという説が歴史に残っています。
実際、正祖が世を去って一番利益を得たのが貞純王后でした。正祖の息子の純祖(スンジョ)が10歳で23代王として即位しましたが、王がまだ若すぎるということで、貞純王后が4年間も代理で政治を仕切りました。
この4年間は朝鮮王朝にとって暗黒でした。
貞純王后は正祖が進めていた改革をすべてつぶしてしまい、彼が登用していた高官を追放しました。




そのうえで、カトリック教の大弾圧を行ない、かなりの信者を虐殺しています。それは、自分に敵対する勢力にカトリック教徒が多かったからです。
貞純王后は、政治の舞台から引退した翌年の1805年に60歳で世を去りました。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

正祖(チョンジョ)は貞純(チョンスン)王后を処罰しなかった

正祖(チョンジョ)を悩ませた恵慶宮(ヘギョングン)と貞純(チョンスン)王后!

朝鮮王朝の国王や世子を毒殺した疑いをかけられた五大王族

王妃側室列伝13「貞純(チョンスン)王后」

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る