昌徳宮(チャンドックン)/朝鮮王朝王宮探訪2

 

1400年に朝鮮王朝の3代王となった太宗(テジョン)は、王の威厳を示すために、大きな仕事をしたがりました。その願望をかなえるために1405年に建設したのが、景福宮(キョンボックン)の離宮となった昌徳宮(チャンドックン)です。

1608年に再建された敦化門(トンファムン)

正殿の仁政殿(インジョンジョン)




景福宮に劣らない威厳と格式

昌徳宮は、ただの離宮ではありませんでした。景福宮が焼失したときには正宮として使われることが多かったのです。それだけに、景福宮に劣らないほど各施設は威厳と格式を備えていました。
たとえば、1412年に最初につくられて1608年に再建された敦化門(トンファムン)は、現在の韓国でもっとも歴史のある門です。
また、仁政殿(インジョンジョン)は華麗な伝統様式を受け継ぐ正殿で、室内には玉座も設置されています。(ページ2に続く)

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1

朝鮮王朝の年表1〔1392-1446年〕

朝鮮王朝の建国!激動の朝鮮王朝史1

朝鮮王朝実録を読む1/「王子の乱」と「ハングルの公布」



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る