張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝事件史6

 

19代王・粛宗(スクチョン)が張禧嬪を王宮の中で見初めたのは1680年頃と言われている。そのとき、粛宗は19歳で、張禧嬪は21歳だった。粛宗の母・明聖(ミョンソン)王后は、張禧嬪を警戒した。欲の深さが彼女の表情に出ていたからだ。




お人好しの王妃

明聖王后は張禧嬪を「息子に悪影響を及ぼす女」と決めつけて、すぐに手を打った。張禧嬪を王宮から追い出したのである。
これに異議を唱えたのが、粛宗の正室だった仁顕(イニョン)王后だった。
「殿下がお好きな女官が宮中にいないというのは、いかがなものでしょうか」
そう言った仁顕王后は、張禧嬪の王宮復帰を明聖王后に依頼した。
あきれたのは明聖王后のほうだ。仁顕王后を見ながら「人がいいにもほどがある」と思い、次のように言った。
「あの女を見たことがないからそう言えるのです。あの女は悪だくみをしそうですから、早めに遠ざけたほうがいいのです」
それでも仁顕王后は張禧嬪をかばった。
「今から心配しなくてもよろしいのでは?」
これほどに仁顕王后はお人好しなのだ。




実際、明聖王后が1683年に41歳で亡くなると、仁顕王后は本当に張禧嬪を王宮に呼び戻してしまった。
張禧嬪にとって仁顕王后は恩人にあたるのだが、張禧嬪は粛宗の寵愛を受けていることに驕って仁顕王后を邪険にした。
その態度があまりにひどいので、さしもの仁顕王后も、ようやく目がさめた。
彼女は粛宗に「あの女はいけません」と忠告したのだが、すでに遅かった。張禧嬪が粛宗の長男を産むと、彼女はますます増長した。こうなると、仁顕王后は亡き明聖王后の言葉をしみじみとかみしめるしかなかった。
一方、粛宗は長男を産んだ張禧嬪にしつこく頼まれて、とんでもないことを言いだした。仁顕王后を廃妃にするというのだ。高官たちが猛反対したが、粛宗は1689年に強行した。そして、空いた王妃の座に側室だった張禧嬪を昇格させた。
この時点で仁顕王后には子供がいなかった。やはり、王の息子を産んだ女性はこれほど重宝されたのである。




しかし、張禧嬪の栄光は長く続かなかった。粛宗が新たに淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏を寵愛するようになったからである。彼女は、ドラマ『トンイ』の主人公になった女性だ。
淑嬪・崔氏は、ずっと仁顕王后を慕っていた。そういう事情もあり、彼女は粛宗に「どうかもう一度王妃様を王宮に戻してあげてくださいませんか」と懇願した。
粛宗は寵愛する女性の頼みをなるべく聞いてあげるタイプのようだ。彼は1694年に高官たちを集めて、急に仁顕王后を王妃に戻すことを発表した。
(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)をぜひ王妃にしたかった!

張禧嬪(チャン・ヒビン)が女官から王妃に奇跡的な昇格!

張禧嬪(チャン・ヒビン)こそが朝鮮王朝で一番有名な女性!

粛宗(スクチョン)が激怒した張禧嬪(チャン・ヒビン)の母親侮辱事件!

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

張禧嬪(チャン・ヒビン)に死罪を命じた粛宗(スクチョン)に高官が大反対!



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る