悲しき運命!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

 

世子(セジャ)と言えば、皇太子のことである。国王が死ねば次の国王になる王子たちであり、非常に重要な役割を担っていた。その世子の中で、3人の悲劇的な人たちを取り上げてみよう。

昭顕世子(ソヒョンセジャ)

朝鮮王朝では、世子はおおむね5歳くらいで指名され、10歳ほどで結婚することが多い。東宮(トングン)とも呼ばれており、実際に王宮の中で東側に住んでいた。
世子には専門の官庁が用意され、毎日の勉学を通して帝王学を授けられた。こうして、国王になる準備に励むのである。
必然的に、国王が死ねば世子が次の王になる。しかし、朝鮮王朝の長い歴史の中では世子でありながら国王になれずに世を去った人たちもかなりいる。その中で特に有名なのが3人の世子だった。




1人目は、16代王・仁祖(インジョ)の統治時代に世子だった昭顕世子(ソヒョンセジャ)である。
彼は中国大陸を制覇した清の人質となり、1637年から1645年まで清に連行されたままだった。
しかし、昭顕世子にとってそれは辛い生活ではなかった。むしろ、西洋の宣教師たちが多かった清で、様々な先進的な文明に触れて大いに感化された。彼は、自分が国王になったときには新しい文明を朝鮮半島に持ち込もうと考えていた。
そして、1645年に人質から解放されて母国に戻った。ところが、清に侵略されて屈辱を味わった仁祖は常に清に強い恨みを抱いていて、清を称賛する昭顕世子に対して不信感を強く持った。(ページ2に続く)

昭顕(ソヒョン)世子は清での人質生活をどう過ごした?

「イ・ソン」こと思悼世子(サドセジャ)の悲しい最期!

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る