王妃の中で誰が「廃妃」になってしまったのか

対照的な2人

王の寵愛を失って離縁させられたのが、9代王・成宗(ソンジョン)の二番目の正妻だった廃妃・尹(ユン)氏と、19代王・粛宗(スクチョン)の二番目の正妻だった仁顕(イニョン)王后です。
しかし、2人の廃妃後の運命は決定的に違います。
尹氏は廃妃のあとに死罪になっています。




それに対し、仁顕王后は劇的な形で再び王妃に復帰しています。
なぜ、それが可能だったのか。
仁顕王后が復帰できたのは人徳があったことも関係しています。
彼女は廃妃になって実家に戻った際も、「私は罪人だから」という理由で離れの粗末な小屋で暮らしたと言い伝えられています。
その謙虚な生き方が後に粛宗の気持ちを改めて動かし、彼女は王妃に復帰できたのでしょう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

王の顔を引っかいた廃妃・尹氏(ユンシ)/朝鮮王朝悪女列伝1

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を廃妃にするとき何を語ったか

張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女物語4

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る